新亜光学工業株式会社の得意分野は精密機械製造以外に外国人教育や交流もある

先ずは新亜光学工業株式会社が製造する精密機械について紹介

外国人社員教育を丁寧に行う

新亜光学工業株式会社は香港や韓国に事業所を設けており、外国人社員への教育を長年しています。文化や考え方の違いなどで、最初は思うようにいかないケースもありました。しかし、教育する社員が長年丁寧に行った実績を持つので、今では新しく着任した日本人社員が教育する場合であっても、受け入れてもらうのに時間は掛かりません。

特に信頼関係の形成は、時間を掛けて行います。小さなことでもコミュニケーションを図るようにしており、スムーズなやり取りに繋げます。時には新亜光学工業株式会社の実績や文化を話す場合もあり、会社の良いイメージを深めるようにします。

外国人社員であっても、日々の生活や仕事で悩みや不安が出ることも。誠実に対応するため、離職率の低下や優秀な人材育成ができることに繋がっているようです。

教育をするうえで大事なこと

外国人教育をする際に、仕事の指示だけを伝えません。一人ひとりの社員の考えや文化の違いを受け入れて、理想的な動きをしてもらうようにします。新亜光学工業株式会社は、特許取得実績があったりものづくりの研究や開発を積極的にしたりする会社です。時にはその実績や過程も伝えながら、会社で働く魅力を高めます。

外国人の多くは、自分の役割以外の仕事をするのを嫌う傾向です。例えば、製造の仕事をする人に検品の仕事をお願いしても、良い顔をしません。与えられた仕事を全力で取り組むことが大事と考えます。人によっては、余計な仕事をするのはスキルアップを図るうえでマイナスと捉える場合も。

長年の外国人教育実績を持つ新亜光学工業株式会社。各種捉えたうえで、外国人社員をその道のプロへと育成します。