新亜光学工業株式会社の得意分野は精密機械製造以外に外国人教育や交流もある

社員を大事にする環境づくりを徹底

社員を大事にしている会社

精密機械の研究や開発、輸送などの仕事を自社一貫で行う新亜光学工業株式会社。時には神経をすり減らしたり細かいスキルが求められたりする仕事も行います。また、光学分野のプロ集団として世界から評価されているため、見えない緊張感と戦う社員も少なくありません。

新亜光学工業株式会社は、社員の健康面も大事にしています。例えば、繁忙期が続いた時は、積極的に休暇取得の推進や仕事量の調整を欠かしません。社員は、空いた時間を利用して、休息だけでなく自分のスキルアップを図るための研究に充てています。

また、仕事でのトラブルや事故は起こる可能性が出ますが、疲れが原因のケースも少なくないです。十分な対策を図り、トラブル回避へと繋げています。社員を大事にすることで、より良い精密機械の開発や製造に活かされているでしょう。

心理面の充実も仕事に良い影響を与える

心理学用語にワークエンゲージメントがあります。仕事に対して前向きに取り組む感情や、満たされた心理状態であるのを意味します。例えば、仕事とプライベートとの充実であったり、会社が質の高い仕事をしたりすることにより、ワークエンゲージメントが増します。

新亜光学工業株式会社は、心理面の充実を図るための対策を欠かしません。積極的な特許取得や申請、ニーズに合う精密機械の製造のような仕事面以外に、社員の積極的な休暇推進で心の不調改善も図ります。

また、社員同士のコミュニケーションが図りやすい社風なのも、心理面でプラスに作用します。研究や製造をはじめ一人で黙々と仕事を進める時もありますが、風通しが良い職場なので明るい環境で過ごせます。時には部署を問わず社員同士が勉強会やプライベートで交流する機会もあるようです。