新亜光学工業株式会社の得意分野は精密機械製造以外に外国人教育や交流もある

語学力や海外適応力の高い社員がいることは営業にプラス

語学力が高いと

営業や現地企業の訪問をはじめ、多くの場面で外国語を使うケースがある新亜光学工業株式会社。しかし、とても高いレベルが必要ではありません。

物流や営業の仕事で企業に直接訪問する機会があれば、ビジネス英語は話せるのがオススメです。一方、コミュニケーションツールはメールが主流のようです。製品の注文や疑問などを、メールを通じてやり取りします。精密機械の専門用語もあり、最初は難しくても、実績を積めばスムーズなやり取りができます。

さまざまな国から精密機械の発注依頼がある新亜光学工業株式会社ですが、現地に行くのが難しいケースも。商談や営業を電話で行う場合、語学力が高いとスムーズに進められます。なお、近年では感染症ウイルス対策として、オンラインで行うケースもあるかもしれません。

外国での生活もある

新亜光学工業株式会社は、精密機械の新規開拓や得意先訪問で企業訪問や輸送をします。その際に外国で生活する機会はあり、場合によっては数日間要します。語学力も欠かせませんが、外国での生活に対応するスキルも求められます。

日本とは気候や文化の違い以外に、細かい生活習慣も異なるはず。時には受け入れるのが難しいことも。しかし、新亜光学工業株式会社の殆どの社員は、各種対応するスキルがあります。時には、外国での生活をコミュニケーションツールとして活用も行います。

一方、慣れていないとホームシックに掛かってしまい心理面でマイナスとなります。思うように仕事を進めるのが難しくなりますが、サポート体制が充実しています。その分、外国で生活を必要とする場合も、スムーズに送りやすい傾向です。